MBCスクワットスタンドスタンダード 210cm/180cm

目次

スペック

名称「MBCスクワットスタンドスタンダード 210cm/180cm」
メーカーMBCPOWER
種別スクワットスタンド
サイズ横幅:125cm※プレートストレージ装着時横幅191cm
奥行:135cm
高さ:210 or 180cm
重量210cm:93kg
180cm:85kg
セーフティータイプ:セーフティーアーム
長さ:61cm
内側間距離:110cm
ラック調節間隔3cm
セーフティー調節間隔3cm
耐荷重量セーフティ・Jカップ:525kgのバーベルを設置した状態で10時間放置し破損や変形なし
アタッチメント標準
 セーフティアーム
 スキニープルアップバー(210cmタイプのみ)
 サンドイッチJカップ
別売り
 ディップハンドルアタッチメント(210cmのみ)
 ステンレスプレートストレージ(210cmのみ)
 アジャスタブルプレートストレージ(180cmタイプは土台部分に縦方向にのみ取り付け可)
 土台設置型バーベルストレージ
 ローラーJカップ
 ベンチプロップ
 デッドリフト静音アタッチメント
 ランドマインアタッチメント
 樹脂製ショートプレートホルダー※ペア(180cmタイプは5kg以下の軽量プレートやバーベルカラーの収納にのみ使用可)
 樹脂製上部バーベルストレージ
 クロスメンバー
 トップマウントプルアップバー(クロスメンバー追加により取付可能)
 パワーラックコンバージョンキット
カラーブラック
グロスレッド
ステンレス
価格210cm:83,900(税込) ※ステンレス変更時:116,900(税込)
180cm:73,420(税込) ※ステンレス変更時:100,920(税込)
※正確な情報は各ECサイト・公式サイトでご確認下さい

評価

Amazon評価取扱なし
楽天評価取扱なし
Yahoo!ショッピング評価取扱なし
公式サイト
MBC POWER SHOP)
210cm:4.8(32件)
180cm:4.8(5件)
※正確な情報は各ECサイト・公式サイトでご確認下さい

メリット・デメリット

メリット


  • 軽量・コンパクトなので様々な環境に設置できる
  • セーフティーが長い
  • 拡張性が高い
  • 収納力が高い
  • 圧迫感がない
  • グラつきが少なく安定している
  • ラック・セーフティーの高さを細かく調節可能
  • ベンチプロップやローラーJカップ、MBCフラットベンチを組み合わせればコンボラックと同じように使用可能
  • 後から別売りアタッチメント追加でパワーアップにアップデート可能
  • 新しいアタッチメントが次々に開発・追加されている
  • 価格が安い

デメリット


  • (180cmタイプは)拡張性が下がる
  • (180cmタイプは)チンニングができない

おすすめしたい人・おすすめしない人

おすすめしたい人


  • 予算が少ないけどしっかりしたラックが欲しい人
  • ホームジム用の部屋が狭い人
  • 床の強度に不安があり軽量のラックが欲しい人
  • スクワットやベンチプレスをやりたい人
  • 高重量のスクワット・ベンチプレスをやる人
  • パワーリフター

おすすめしない人


  • スクワット時より後方への安全性を求める人(後方に支柱がないため)

総評

MBCPOWERさんのオリジナル商品のスクワットスタンドです。

MBCPOWER SHOPさんのオーナーは現役のパワーリフターで、他のどのメーカーよりもユーザー目線でトレーニング器具の開発・販売を行っています。

特に海外製品と比較しても、日本家屋・日本人に合った製品を作っているため、世界一日本のホームジムに適したトレーニング器具を開発しているといっても過言ではありません。

作りが軽量コンパクトでありながら剛性が高く安定性も高いと評判も良く安心して使用できるでしょう。

スクワットスタンドは210cmタイプと180cmタイプがありますが、チンニングをやりたい人、後からパワーラックにアップデートしたくなるかもしれないという人は210cmタイプをおすすめします。

非常に品質が高いのに価格が安く非常にコスパの良いラックです。

お願い〜


記事の内容に誤り等あった場合ご報告いただけば幸いです。

また「こういう情報があった方が良い」「この器具がおすすめ」等情報提供していただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

SHARE

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる