ROGUE「ステンレスオハイオパワーバー」

目次

スペック

名称「ステンレスオハイオパワーバー」
メーカーROGUE FITNESS(ローグフィットネス)
種別オリンピックシャフト
用途高重量BIG3
パワーリフティング
公認IPF(国際パワーリフティング連盟)
JPA(日本パワーリフティング協会)認定
直径シャフト:29mm
スリーブ:50mm
サイズ全長:220cm
スリーブ間長さ:131cm
インナーカラーの長さ:1.5cm
スリーブの長さ:43cm
重量20kg
耐荷重量300〜400kg以上
引張強度200,000PSI
硬さ(撓りやすさ)非常に撓りにくい
ローレットの強さ(滑りにくさ)非常に滑りにくい
シャフトコーティングなし(ステンレス鋼)
スリーブコーティングクロムメッキ、スレッディングスリーブ
センターローレットあり
グリップマークパワーリフティング
回転機構ブッシング
価格85,920円(税込み)
※正確な情報は各ECサイト・公式サイトでご確認下さい

評価

Amazon評価取扱なし
楽天評価取扱なし
Yahoo!ショッピング評価取扱なし
MBCPOWER SHOP5(2件)
ROGUE FITNESS4.9(23件)
※正確な情報は各ECサイト・公式サイトでご確認下さい

メリット・デメリット

メリット


  • 高重量BIG3に最適
  • パワーリフターに最適
  • ローレットが強く滑りにくい
  • 硬く撓りにくい
  • インナーカラーが薄くスリーブが長く沢山ウエイトプレートを装着できる
  • ELEIKOにかなり近いスペックでありながら安価
  • ステンレスで錆びにくい
  • コスパが良い

デメリット


  • ローレットが粗く強過ぎて皮膚や衣類のダメージが大きい
  • BIG3特化型なのでクイックリフトなどには向かない
  • スリーブはステンレスでなくクロームメッキ
  • インナーカラーが薄くウエイトプレートがラックにぶつかりやすい※プレートより内側にカラーなどを装着することで解決可能

おすすめしたい人・おすすめしない人

おすすめしたい人


  • パワーリフター
  • 超高重量BIG3を行う人
  • 錆を気にする人
  • キレイな状態で末永く使用したい人
  • スクワット時バーベルの転がりが気になっている人
  • デッドリフト時バーベルの滑りが気になっている人
  • BIG3でバーベルの撓りが気になっている人

おすすめしない人


  • 扱う重量が軽い人
  • 皮膚や衣類の傷が気になる人
  • クイックリフトなどを沢山行う人

総評

アメリカのROGUE FITNESSのバーベルです。

オハイオパワーバーはIPF公認でパワーリフティング国際大会でも使用可能なバーベルとして有名です。

パワーリフティング用バーベルというだけあって、硬く撓りにくく、ローレットが強く滑りにくい作りになっています。

パワーリフティング器具の最高峰と言って良いELEIKOバーベルとほぼ同スペックでありながら、価格がかなり抑えられていてとてもおすすめです。

特にこちらはステンレス製で日本のような高温多湿の環境下ではありがたい耐腐食性を兼ね備えています。

性能も良く錆にも強くBIG3を行うホームトレーニーには持ってこいです。

欠点を挙げるとすればその粗いローレットです。

超高重量を扱うパワーリフターにとっては滑りにくく都合が良いですが、その代償として皮膚や衣類を傷つけやすくなっています。

特にデッドリフトでは掌や大腿部の皮が削れやすいです。

BIG3メインでトレーニングする人や、BIG3のやりやすさを拘る人は候補に入れることをおすすめします。

一方でBIG3だけでなくクイックリフトなど他の種目も幅広く行いたいという人は多目的バーなどを検討した方が良いでしょう。

お願い〜


記事の内容に誤り等あった場合ご報告いただけば幸いです。

また「こういう情報があった方が良い」「この器具がおすすめ」等情報提供していただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

SHARE

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる