ホームジムでのトレーニングでモチベーションを保つ方法

目次

ホームジムではモチベーションの維持が大変

ホームジムでは1人での孤独なトレーニングが続きます。

そこで困るのがモチベーションの維持です。

基本的にホームジムを作るくらいの人であれば大半はかなりの筋トレマニアなのでモチベーションの低下に困ることはないかもしれません。

しかしそんな人でも何年も何年も1人でのトレーニングを続けていれば流石にモチベーションが低下することもあると思います。

そんなときの対処法を解説します。

ホームジムでのトレーニングでモチベーションを維持する方法

目標を持つ

まず基本中の基本ですが目標を持つことが大切です。

目標がないとダラダラトレーニングしがちで、モチベーションが落ちやすいです。

例えば、

  • 大会に出る
  • いつまでに体重を何kg落とす
  • いつまでに何kg挙げる

など明確に目標があるとモチベーションが上がりやすく、トレーニング時の集中力も増します。

自ずと成果も出やすくなるでしょう。

記録を付ける

トレーニングの記録を付けることはとても大切です。

記録を付けずに続けていると自分が成長しているかどうかがぼんやりしてしまい、気付いたら何年も全く成長していなかったなんてことになりがちです。

記録を付けるだけで自分を客観視しやすくなり、ダラダラ惰性でトレーニングを続けるのを予防できます。

トレーニングの内容に合わせて気付いたことなども一緒に記録しておくことをおすすめします。

そうすることでぼんやりではなくしっかりと考えながらトレーニングをすることができ、前進できます。

SNSを活用する

手っ取り早くモチベーションを維持する方法はSNSを活用することです。

今ならTwitterやInstagramなどを中心にいつでのどこでも世界中のトレーニーとつながることができます

SNSでみんなのトレーニングを見れば孤独感は吹き飛びモチベーションが上がります。

時には友人を招く

ホームジムだからといって必ずしも1人でトレーニングをしなければならないという決まりはありません。

時には友人を招いて合同トレーニングを行うのも良いでしょう。

いつもと違って張り合いが出るはずです。

時にはジムに行く

ホームジムがあるからといってジムに行ってはいけないという決まりはありません。

ビジター利用などで時にはジムに行って気分を変えたり他のトレーニーと交流するのも大きなモチベーションアップにつながります。

特にパワーリフターなどは大会前などに大会に近い環境を求めてパワーリフティングジムへ行くのもおすすめです。

まとめ

ホームジムでのトレーニングでモチベーションを維持する方法

ホームジムでのトレーニングは孤独でモチベーションの維持が大変だと思う人も多いかもしれません。

しかし今はSNSが当たり前の時代になっているので、思いの外孤独感を感じたりモチベーションが下がったりすることは少なくなっています

もちろんどう感じるかは人それぞれですが、昔と比べれば遥かに状況は良くなっているといえます。

お願い〜


記事の内容に誤り等あった場合ご報告いただけば幸いです。

また「こういう情報があった方が良い」「この器具がおすすめ」等情報提供していただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

SHARE

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる